※ Click HERE for English.
6/8-9開催のG20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議。 

ブロックチェーン、仮想通貨、貿易戦争、フィンテック。混沌とした世界経済の次を模索する、G20の重要会議な会議が福岡市で開催となり、世界を代表する国々が、福岡市に集結しています。

LINEは会議のために来福されている海外の皆様に,福岡・博多の歴史を感じていただけるよう福岡市主催の「SPECIAL OMOTENASHI EVENT」にて「検索いらず・通訳いらず・財布いらず」のおもてなしを提供いたしました。

このサービスが日本が抱えるインバウンド観光の課題解決に繋がると考えております。まずはイベントの様子を動画にまとめましたのでぜひご覧ください。




「検索いらず・通訳いらず・財布いらず」のおもてなしで観光客の課題を解決

観光庁の調査では「訪日外国人観光客が滞在中に困ったこと」として以下の3つがあげられております。

●観光地・飲食店情報の入手:
 「自分好みの場所の調べ方がわからない」
●施設等のスタッフとのコミュニケーション:
 「日本語がわからない…」
●決済手段:
 「日本円での現金決済は面倒…」

今回、G20 FUKUOKAで来福されている海外の皆様に対し、LINEがもつ「キャッシュレス決済+コミュニケーション」機能を活用して、これらの課題を解決し、福岡・博多の魅力をより感じていただくことにチャレンジしました。

LCO_日本語


今回、承天寺のイベントで提供したのは主に下記の2つのサービスです。

① パーソナライズ観光案内:
自分の国籍、好みなどをチャットボットで入力することで、個人の情報に合わせた観光地情報を案内いたします。例えば、「私は観光向けのお店ではなく、地元の人が普段からいくお店にいきたい」などの好みにも対応しています。

② LINE CHAT ORDER:
LINEで英語のメニューを閲覧でき、注文・決済まで行うことができます。日本円、日本語を使用することなく食事を楽しむことができます。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

本サービスはトライアル版であり、承天寺イベントでのみのサービス提供となりますので一部機能はご利用いただけませんが、下記ボタンより、上記の機能を提供する「G20 FUKUOKA LINE公式アカウント」を友だち追加できます。
ぜひお試しください。

友だち追加



「インバウンド需要取り込みによる地域経済の活性化」そのために「真のキャッシュレス社会実現」が必要

ダウンロード (1)
ダウンロード
ダウンロード (2)


「インバウンド需要の取り込み」は九州エリアが抱える「少子高齢化に伴う地域経済の衰退」という問題に対する有効な打ち手の一つです。

「LINE Pay」は、インバウンド需要を取り込むため『Global Alliance構想』を発表しています。アライアンスに参加する各国のユーザーは来日した際に「LINE Pay」加盟店において支払いが可能となる予定です。

しかし、インバウンドにおける課題は決済単体ではなく、決済前後のコミュニケーションにも及びます。今後キャッシュレスが単に現金決済の代替手段としてではなく、真に暮らしを変えるものとして広く市民に受け入れられ、活用される段階に進むためには、決済前後のコミュニケーションの円滑化が重要です。

LINE Smart Cityは今回提供したサービスを踏まえ、決済前後のコミュニケーションを含む「真のキャッシュレス社会の実現」、また、「インバウンド需要取り込みによる地域経済の活性化」を目指し取り組みを拡大していきます。

本取り組みにご興味を持っていただいた方はぜひ下記の連絡先にお問い合わせください。 

【本件に関するお問い合わせ先】


LINE Smart Cityでは福岡を中心に街固有の課題をLINEのテクノロジーを活用して解決する様々な取り組みを行なっております。

これまでの取り組みは下記事例のページにございますのでぜひご覧ください。
LINE Smart City for Fukuoka -LINEを活用した街の課題解決事例-


また、LINE Fukuokaの最新の動向は下記のSNSからお届けしております。是非ご登録ください。
LINE公式アカウント(LINE ID:@linefukuoka)