2019年4月1日より一部の福岡市市税の支払いで「LINE Pay 請求書支払い」がご利用いただけるようになりました。同じく4月から公共施設でLINE Payが導入されるなど福岡市では急速にキャッシュレスが広がっています。キャッシュレスは市民の生活を便利にするだけでなく、インバウンド観光客への対応による経済の活性化や事業者の事務作業の効率化など生産性の向上にも繋がります。ぜひこの機会にキャッシュレス納税をお試しください♪

スクリーンショット 2019-03-28 21.50.39


「LINE Pay 請求書支払い」は、請求書や納付書に印字されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで24時間時間と場所を選ばず「LINE Pay」で支払いを完了させることができるサービスです。現金準備を含め、支払いのためにコンビニや銀行窓口に赴く時間を省くことができ、自宅で簡単に支払いを完了させることができます。
(ご利用方法はこちら
請求書支払いメリット3


対象となる納付書

今回、福岡市で対象となるのは以下の4つの納付書です。

・ 軽自動車税
・ 個人市県民税(普通徴収)
・ 固定資産税・都市計画税
・ 固定資産税(償却資産)

上記に加えて、福岡県では自動車税もLINE Payで納税ができます。

「LINE Pay 請求書支払い」で納税ができる税について簡単に整理しました。
※ご本人の状況によって異なりますので、詳しくはご自身でご確認をお願いします。

軽自動車税
内容軽自動車などの所有者に課される市町村税。
対象者毎年4月1日に軽自動車等を所有している方
参考ページ福岡市 軽自動車税
個人市県民税
(普通徴収)
内容前年1年間の所得に対して原則1月1日現在の住所地で課税される税金
対象者区役所から送付する納税通知書(納付書)により納付される方
参考ページ福岡市 個人市民税(住民税)
固定資産税・
都市計画税・
固定資産税
(償却資産)
内容土地,家屋,償却資産を所有している方にその固定資産の評価額に応じて課税される税金。固定資産税と都市計画税はあわせて納付になります
対象者毎年1月1日現在、土地,家屋,償却資産を所有している方
参考ページ福岡市 固定資産税(課税対象)
自動車税
内容自動車の所有者に対し、種別、用途、排気量などに応じて課税
対象者毎年4月1日に自動車を所有している方
参考ページ福岡県 自動車税の概要


今回の対応により「軽自動車をお持ちの方」「普通徴収で市民税をお支払いされる方」など非常に多くの方が「LINE Pay 請求書支払い」でより簡単に納税を行えるようになりました。ぜひこの機会に「LINE Pay 請求書支払い」でキャッシュレス納税を体験してください♪


「LINE Pay 請求書支払い」について

「LINE Pay 請求書支払い」は税金の支払い以外にも九州電力など様々な請求書に対応しております。詳しくはLINE Payが使えるお店(請求書払い)をご確認ください。

ご利用方法




「LINE Pay 請求書支払い」ご利用方法詳細は下記のページをご参照ください。


LINE Payの使い方詳細はこちら

銀行口座登録をすると送金や割り勘など、もっと便利な機能が使えます♪
さっそく本人確認(銀行口座登録)をする

LINE PayのLINE公式アカウント
友だち追加ボタン
 ※PCで閲覧している方は、以下QRコードを読み取ってください。
QRコード

【本件に関するお問い合わせ先】

LINE Fukuokaが福岡市で展開するサービスは下記リンクをご参照ください。
LINE Smart City for Fukuoka -LINEを活用した事例紹介-

LINE Fukuokaの各種取り組みについては、下記の公式アカウントから随時お届けいたします。是非ご登録ください。