LFKPressトップ★イラスト

むか~しむかし。
たかしくんは考え事をしながら、川で洗濯をしていました。
最近の悩み、それは……
「会社に多くの部署があり、たくさんの人がいて、疑問点・不明点をどこの誰に聞けばいいのか、問い合わせ窓口が分からない!と、社員から声があがっている。問合せできる窓口を1本化出来ないだろうか…」

そんなとき、川の上流から桃が4つ流れてきました。
「え!?桃太郎??じゃない・・・顔見知りのメンバーだ!!」

元気とガッツに満ち溢れ、高い思想を持つミホ
ちょっとしたことにも気が回り、いつも冷静な、陰の立役者トオル
常に1歩前、2歩前を予測し、対応が機敏なトモコ
コミュニケーションがとりやすい人柄のマイコ

そうだ!このメンバーならなんとかしてくれるはずだ!

「みんなに是非協力してほしいことが!
LINE Fukuokaの社員が会社生活において、“ん?”ってなった疑問を解決してくれる総合受付窓口をつくりたい。その窓口担当になってほしい!!」

「わたしたちでよければ、お手伝いさせていただきます!」

社内での不明点や疑問点、困った時の総合受付窓口「LFK Care」という部署の誕生です。
※川から桃に乗って登場するくだりはフィクションです。


申し遅れました! LINE Fukuoka Press編集部のマイコです。
元気とやる気モリモリ!パンとカフェラテ、そして愛犬大好き

わたしは、LINE FukuokaのLFK Careというチームに所属し、社内から届くさまざまなお問い合わせに対応しています。
今回、他の企業では珍しい、かっこよく言うと「社内コンシェルジュ」的な わたしの部署「LFK Care」をご紹介……いや!自慢?したく、キーボードをカチカチたたき、この記事を書きました!


もくじ



それでは!ココからは、昔話の世界から現実の世界に戻り、LFK Careの日常についてご紹介させていただきます。


第一章『LFK Careって何?』
New桃の木

LFK Careは、社内での不明点や疑問点をどこに聞いたらいいか分からない!など、困った時の総合受付窓口という位置づけで、社内で発生するさまざまなお問い合わせの対応を行なっています。

加えて、一般的な総務業務である郵便対応や備品・消耗品管理、運用変更の対応など、いわゆる庶務部分もLFK Careが担っています。


専用カウンターはコミュニケーションの場

一部のオフィスでは、気軽にお問合せ出来るように、また、郵便物や社内便の受渡しなどでさまざまな部署と気軽なコミュニケーションがとれるように、専用カウンターを設置しています。
(気軽なコミュニケーションと言いつつ、たまに話し込んでしまうことも…)

LFKPress★堀さんショット

オンラインでのお問い合わせにも対応。
こんなに真剣な顔をしていますが、考えすぎて変な文章になっているかも…
日々、文字で伝える難しさを感じています。

たまには荷物を運んでみたり…
パソコンに向かう仕事だけではなく、備品や什器の移動、社内便を届けるなど、台車を押して体を動かすことも多いです。
LFKPress★井上さんショット

社内サークル運用も!
LINE Fukuokaでは福利厚生の一環として社内サークル制度も充実しています!
(ほんとにたくさんのサークルがあるんです)

現在は、フットサルや軽音、子育てサークルなど13のサークルが活動しており、LFK Careでは募集告知や費用精算などのサポートを対応しています。

このように、LINE Fukuokaで働く社員が快適な会社生活を送れるように、LFK Careは日々さまざまなサポートに取り組んでいます。


第二章「どういうお問い合わせがきているの?」


それでは具体的に寄せられるお問い合わせの一部をご紹介します♪


「コーヒーマシンが反応しない!!!」
LINE Fukuokaでは、ほっと一息つくような休憩やちょっとしたミーティングで使用されているエリアに給茶機やコーヒーマシンなどが設置されています!
(自慢のカフェも併設されていますが、その紹介はまたの機会に~)

その「コーヒーマシンが反応しない!」とご連絡をいただくこともあります。
もちろんチョチョイノチョイで解決デス♪
(……業者さんへ連絡し、業者さんが修理してくれるわけです。感謝)

LFKPress★コーヒーマシン


「イヤホンの落とし物、届いていませんか?涙」
……そう、紛失物!
オフィス内の落とし物はLFK Careへ届くので、紛失物のご相談も多くあります。

過去には拾得物のエンゲージリング💍の内側の刻印を頼りに、無事持ち主の元へ届けられた感動的な出来事もありました✨
(1mのヨガのポール、ゲームソフト、片足だけの靴下など変わった落とし物が届いたことも)

ほかにも「ホワイトボードを使いたい!」などの相談も寄せられます。
Webカメラありますか?
電気ドライバーありますか?
バインダーありますか?

……ぜーんぶあります♪
(なぜなら、これまでお問合せいただいたモノは大体取り揃えるようにしているからです。へへへへ)
LFKPress★田中さんショット
番外編では「エントランスにあるLINE FRIENDSブラウンのシッポが取れています!」と連絡がきたことも!もちろん!すぐに修理して元通りです。

他にも「社員証を忘れてしまった!」「PCの調子が悪い……」「空調温度を上げてほしい……」などなど、多種多様のお問い合せが届きます。

LFK Careに寄せられたお問合せは、わたしたちで直接対応したり担当部署へ繋いだりすることで、責任をもって解決まで導いています。



LFK Careは、LINE Fukuokaで働く1000人以上の社員からのお問い合わせを、チーム全員で責任をもって対応している最強の少数精鋭の部隊(自画自賛)です!
でも……最強のチームと言いつつも、色んな部署の方にたくさんサポートしてもらっているので、威張れないですけどね……

最後に、社内のお問い合わせ窓口を一本化できないかと考えたたかしくんから、LFK Careをまとめているミホさんに今後のLFK Careについて聞いてもらいました。




第三章「今後のLFK Careについて」
~これからどういうチームでありたいか?~


LFKPress★大瀬戸さんショット

新しい価値の創造

たかしくん:誕生から2年経ったLFK Careは、今後どういうチームを目指していきますか?

ミホ:誕生してからこれまで、経験や実績を積み重ねて現在のLFK Careというチームに成長しました。
ほかの企業にはないLINE Fukuoka独自の社内コンシェルジュ部署として、日々活動しています。

これからは社員の相談窓口としての役割だけではなく、LINE Fukuokaの魅力の一つとなるような、新しい価値の創造ができる部署を目指します!

「LFK Careがいるから安心して業務に取り組む事ができる」と思ってもらえる事で、社員のエンゲージメントが高まり、仕事のパフォーマンス向上に繋がれば、LINE Fukuokaの価値も上がり会社の成長にも貢献できるのはないかと考えています。

現在LINE Fukuokaでは、ハイブリッドな働き方を採用しているため、オフィス勤務と在宅勤務など働く環境もさまざまです。
その中でも、会社生活の安心・快適・楽しいをお届け出来るよう、日々新しい取り組みを考えています。

昨年からは、新入社員に向けた新たな取り組みもはじめました。
入社当日に実施されるオリエンテーションにてLFK Careの紹介と、会社生活に携わる内容を案内しています。
「LINE FukuokaにはLFK Careという社員をサポートする部署がある」といち早く知ってもらえれば、より早く会社生活の安心を感じてもらえると考えました。

「社員のマインドセットの変化を支援する組織でありたい」という想いを胸に、LINE Fukuokaに「LFK Careがいて良かった」と思われる組織を目指して、今後も成長し続けていきたいと思います。
LFKPress★Careカウンター(New)



いかがでしたか?
わたしの「LFK Care」
「こんなに素敵な部署がLINE Fukuokaにはあります!」とみなさんに知ってほしくて記事を書かせていただきました!

今後も、LINE Fukuokaのたくさんの「ステキ」を紹介していきます!
イラストチームの山之内さん・渡慶次さん・川井さん、デザインチームの小山田さん、ご協力いただきありがとうございました!




LINE Fukuokaの採用情報や各種取り組みについては、下記の公式アカウントから随時お届けいたします。ぜひご登録ください。
LINE公式アカウント(LINE ID:@linefukuoka)