お知らせを含む記事

LINE Fukuokaは、福岡市他が主催する「福岡マラソン2018」の「OFFICIAL COMMUNICATION PARTNER」に就任し、LINEの特徴を活かした”マラソン大会の新しいコミュニケーション体験”を提供します。

LINE Fukuoka取締役 鈴木が、グロービス経営大学院 福岡校での特別セミナー(4/20)に登壇します。鈴木や社員とも直接話せる当日のBiz Meetup(懇親会)では、軽食やClova Friendsが抽選で当たる特別コンテンツを実施予定です!

「福岡市LINE公式アカウント」は、総務省が主催する「ICT地域活性化大賞2017」において奨励賞を受賞しました。 全国から集まった地域におけるICT利活用事例のなかから、優良事例に贈られる賞です。これを励みとし、これからも利用者ニーズを反映させたサービス拡充を進めてまいります。

LINEは、12月1日(金)に福岡市が政令指定都市で初めて実施する「緊急速報メールを活用したミサイル対応訓練」の周知徹底を目的に、LINE Beaconで技術協力を行います。市内2エリア(詳細:下記参照)では、市民だけでなく福岡市外からの就学・就労者約25万人*、滞在中の観光客も

LINE Fukuoka株式会社は4周年を迎えました。2013年の設立以降、LINE株式会社と連携しながら、「LINE」のさらなる成長に向け速いスピードで事業展開できるよう、業務を行っています。さらに、「ユーザーとの接点」や「距離の近さ」などの福岡ならではの特長を活かして、ユーザ

『OFFICIAL COMMUNICATION PARTNER』として、ランナーやその家族・友人から近隣住民、さらに次回エントリを検討しそうな潜在ランナーまで、全ての関係者を対象にしたLINEならではの取り組みをオンライン・オフライン織り交ぜ展開しました。その内容をご紹介いたします。

ついに11月12日(日)開催の日を迎える『福岡マラソン 2017』。「OFFICIAL COMMUNICATION PARTNER」として参加しているLINEは、“福岡マラソンLINE@”を通じたコミュニケーションサポートのほか、本大会を通じて広域に福岡市および糸島市の魅力を伝える取り組みをおこなってい

「福岡市LINE公式アカウント」は、防災やごみ出し、子育てなどの生活に密着した市政情報の中から、市民の方が必要に応じて選択した情報をLINEを通じてタイムリーに届けられることから、多くの方にご利用いただき、本日で実証実験期間を終了し、正式に継続することが決定しました。

4年目を迎える福岡マラソン、今年はLINEも「OFFICIAL COMMUNICATION PARTNER」として参加します。 本件は福岡市とLINE株式会社とで締結した「福岡市における情報発信強化に関する連携協定」に基づくもので、「福岡市LINE公式アカウント」の開設に続く2つ目の事例です。

6月16日(金)、17日(土)の2日間、博多リバレインモールで開催される「ママとキッズの学びcollege」にLINE Fukuokaも参加します。http://www.l-ma.jp/manabicollege2017/「子育てと両立できる働き方を探している…」「そろそろ仕事を再開したいけど、なかなか見つからない…」