OGP

LINEグループの行動指針「LINE STYLE」のひとつ、「最高を目指す、少数精鋭のチーム」。
LINEグループでは2020年方針のひとつとしても「最高のチームづくり」を掲げています。

そんな中、新型コロナウィルス感染症への対策として、LINE Fukuokaにおいても現在、在宅勤務を推奨しています。
これまでおこなっていた対面でのコミュニケーションがなくなり、やはりいくつかの課題が発生しました。代表的なのがこの3つ。

①精神的な孤独/不安感
②お互いの業務状況が見えない
③会社とのつながりが希薄化

こうした課題を乗り越えて、この時代に、どんな風にチーム力を高めるか?
LINE Fukuokaでトライしてきた、在宅勤務におけるチーム力強化のための工夫をご紹介します!

CONTENTS

①「精神的な孤独/不安感」 解消のためのアイディア
 ・日報+αでコミュニケーションを活性化
 ・チャットツールでの雑談チャンネル作成
 ・オンラインランチ会&もくもく会
 ・オンライン歓迎会

②「お互いの業務状況が見えない」 解消のためのアイディア

③「会社とのつながりが希薄化」 解消のためのアイディア
 ・オンライン集会



①「精神的な孤独/不安感」 解消のためのアイディア

■日報+αでコミュニケーションを活性化
LINE関連サービスのデザインやイラスト制作を担うクリエイティブ室では、日報をひと工夫。
「その日やったこと」だけでなく、「この24時間内にあった良いことか新しいこと(good&new)を共有する」取り組みをおこなっています。

クリエイティブ_GanN

ここで共有されたエピソードをきっかけに、活発なコミュニケーションが生まれているようです!

クリエイティブ室



実は在宅勤務に切り替わる以前からトライしていたこの取り組み。
在宅勤務となった今、よりチーム内コミュニケーション活性化への効果を実感できているそうです。
詳細はぜひ、クリエイティブ室のnoteもご覧ください!



■チャットツールでの雑談チャンネル作成
チャットツールを活用した取り組みがもうひとつ。
先日の記事で登場したGlobal Operation室が属するバリューマネジメントセンターでは、「雑談専用チャンネル」を作成。
特にルールは設けず、メンバーが自由に書き込んでいます。
ホームベーカリーの話題がなかなかもりあがってますね…!

VMC_雑談チャンネル




■オンラインランチ会&もくもく会
こちらもバリューマネジメントセンターの取り組み。
ビデオ会議ツールを活用し、他愛ない話をしながらみんなでわいわいランチをする「オンラインランチ会」をおこなっています。
人数が多いと声がかぶってしまうので、4~5人がベスト。人数が多いときは、ルームを分けて実施しているそうです。

スライド2


さらに「オンラインもくもく会」も。こちらはビデオ会議ツールをつないだまま、各々もくもくと自分の作業を進める会です。
疑似的なオフィス空間をつくることで、「他のメンバーが真剣に作業してる様子が見えて、自分も作業に集中できた」という感想もあったそう。

スライド4


■オンライン歓迎会
この季節、新しいメンバーを迎えたチームも多いのではないでしょうか?
LINE Fukuoka Press編集部が所属するMarketing Communication室でも、新メンバー2名がジョイン。
オンラインにて歓迎会をおこないました!
チャット機能を活かして、有名人のライブ配信のようにたくさんの質問を投げかけ、答えてもらいました。
お子さんやわんこなど、ご家族も加わって楽しい会になりましたよ!

最強ブランチ from MaComm_200413_0040



②「お互いの業務状況が見えない」 解消のためのアイディア

■チャットツールを活用した出退勤&休憩報告
バリューマネジメントセンターでは、チャットツールを活用して、チーム内での出退勤報告や昼休憩の報告をおこなっています。
専用の出退勤管理システムに登録するだけでなく、チャットで報告を行うことで、リアルな場に近いコミュニケーションが生まれているようです。

VMC_勤怠報告



■社内wikiを活用した日報
さらに、これまで口頭で行っていた業務の進捗管理を、社内wiki(プロジェクト管理ツール)を活用した日報で代替。
全員が「その日やること」と「実際にやったこと」を報告しています。
確認が必要な箇所については、メッセンジャーやビデオ会議でフォローし、メンバーの業務状況を確認しています。



③「会社とのつながりが希薄化」 解消のためのアイディア
ここまで部署ごとの取り組みを紹介してきましたが、会社という大きなチームにおいても、コミュニケーションの手法を悩む時期ですよね。

■オンライン集会
LINE Fukuokaでは通常、アシスタントマネージャー以上の職責者を対象とした「リーダー会」を対面で毎月行っておりますが、先日、はじめてこちらをオンラインで実施。
合わせて、当日の動画を全社員に配信しました。

DSC06521


COO鈴木から社員へのメッセージでは、LINE STYLEのひとつであり、LINE Fukuokaが2020年最も意識するSTYLEとして掲げている“Enjoy the Challenges”を取り上げ、このように話しました。

チャレンジとは“困難だがやりがいのある”が本来の意味です。
LINE Fukuoka設立以来初めての在宅勤務、という今の状況はまさに“チャレンジ”です。
今までと違う仕事のやり方、コミュニケーションの取り方に戸惑うこともあると思いますが、乗り越えた先で、LINE Fukuokaはきっと今より強いチームになるはずです。

またみんなで会える日は必ずやってきます。
その日までみんなで一丸となってこのチャレンジに向き合い、福岡から一つでも多くのWOWを生み出しましょう。

私たち含め、きっと多くの企業の皆様が、試行錯誤されている中かと思います。
私たちも手探りながら、社員それぞれが知恵をしぼり、「今、どうしたらより良いチームになれるのか」を模索しています。
トライ&エラーの繰り返しで、正解はありませんが、ご紹介した取り組みが何かのヒントになれば幸いです。

LINE Fukuokaでは引き続き、“最高のチーム”を目指して、この時代らしいコミュニケーションのあり方、チーム力の高め方を思考し、チャレンジを続けてまいります。

※LINE Fukuoka社員の皆様からの「うちのチームはこんな風にしてるよ!」というタレコミもお待ちしております!!


LINE Fukuokaの採用情報や各種取り組みについては、下記の公式アカウントから随時お届けいたします。是非ご登録ください。