2019年1月9日(木)、博多駅前広場で開催されたG20福岡 財務大臣・中央銀行総裁会議 開催記念イベントWorld Kitchenにて、LINEを活用した新しいサービス「お席で注文・決済」を提供いたしました。

今回は、World Kitchen当日の様子をご紹介いたします。

「お席で注文・決済」を利用したユーザーの声

利用したユーザーへのアンケートでは
「行列に並ぶ時間/手間が減った」
「LINE上で全て完結するので便利」
「店舗情報をそのままシェア出来る」
「席で呼ばれるまで子供の面倒を見ていられる」
など好意的な意見を多くいただきました。

「お席で注文・決済」の利用客は店舗に並んだり、レジで支払いを行う手間が省けるため、席の確保がスムーズにできている様子でした。

190109_096

メニュー選びも、席に座りながら、友人と話しながらできて楽しそうです。
190109_083
190109_051
高島市長もサービスを体験し、「順番待ちをせずにできた商品を取りに来るだけでいい、便利ですね」とお話しいただきました。
190109_146

「お席で注文・決済」を導入した店舗側の声

店舗側へのアンケートでも
「注文・決済のやりとりの手間が減った」
「現金を扱わないので衛生的に良い」
「便利なのでこれから実店舗でも積極的に活用したい」
などポジティブなご意見を多くいただきました。

注文や決済でのお客様とのやり取りが削減され、料理や商品の受け渡し、またその後のコミュニケーションなどに時間を割くことができるようになっている印象でした。
190109_060
190109_033

「お席で注文・決済」の効果は?

まず、全体の53%がキュッシュレスでの決済(「お席で注文・決済」またはコード支払い)を利用しており、キュッシュレスの利用意向が非常に高いことが分かりました。
グラフ1
また、従来の現金での決済と「お席で注文・決済」で席確保から商品受け取り・着席までの所用時間を比較すると、従来の現金での決済が12.9分かかったのに対し、「お席で注文・決済」では6.8分と、おおよそ半分の時間で行えたという結果となりました。
グラフ3
ピーク時のフードコートなど、どうしても混雑してしまう場所で、席の確保が難しかったり、注文まで長い時間列に並んだご経験がみなさまあるのではないでしょうか?「お席で注文・決済」はこれからも進化を続け、そんな世の中の不便を解消し、スマートに楽しく時間過ごせる社会の実現を目指していきます。

LINE Fukuokaは主にAIとFintechの二軸で福岡のSmart City化に取り組んでいます。今回提供した「お席で注文・決済」を始め、テクノロジーで人の生活にリデザインすることにより、人々の生活を豊かに、そして人生に良き変化を起こすことができると考えています。

今後も、福岡のSmart City化に向け、自治体、企業、団体と協力し、様々取り組みを行なっていきたいと考えておりますので、ご興味のある方はぜひお声がけください。

【本件に関するお問い合わせ先】
https://linecorp.com/inquiry/linefukuoka/form.html


お席で注文・決済とは

お席で注文・決済とは、お店に並ばずにLINEで注文や支払いができるサービスです。
図2

Smart City Projectの各取り組みについては下記リンクをご参照ください。
LINE Fukuoka 公式ブログ - smart city project -

LINE Fukuokaの採用情報や各種取り組みについては、下記の公式アカウントから随時お届けいたします。是非ご登録ください。