吹き出しを用いたスタンプの先駆けとして知られるスタンプクリエーター ビーバーズさんとのトークセッションが大変好評いただいた「LINE Illustrator Meetup in Fukuoka #4」。
今回のブログでは、当日の様子をお伝えします。
“Meetup とは?”
LINE FukuokaにおけるMeetupとは、エンジニアやイラストレーターの技術や業界の発展を目的とした技術交流イベントです。
毎回テーマを設け、弊社エンジニア・イラストレーターやゲストスピーカーによる登壇、親睦会が主な内容になります。

▼プログラム

  1. 講座「使いやすいスタンプの構成と見せ方」
    弊社イラストレーターによるLINE スタンプについての講座
  2. ゲストトーク
    [吹き出しに隠れた小さい動物たち]でLINE Creators Stamp AWARD 2016 新人賞を受賞されたビーバーズさん*をお招きしたトークセッション
    参考:LINE Creators Stamp AWARD 2016 イベントレポート
  3. 懇親会

1.講座「使いやすいスタンプの構成と見せ方」

LINE スタンプ制作に携わる弊社イラストレーターの下川より、使いやすいスタンプについて解説しました。
LINE Illustrator Meetup #4 ①

グッド、嬉しい、好き、笑うなどの“ポジティブ”な表現の方がネガティブなもの(怒り・イライラ など)より使われやすいという表現について、スタンプの向きへの配慮(キャラが向く方向など)、背景・文字の枠線で変わる見やすさなど、使いやすいスタンプの傾向を実際のスタンプを例に挙げながら解説しました。
LINE Illustrator Meetup #4 ⑬
なお、より幅広い対象に向けて使えるからか、最近はカジュアルな言葉よりも敬語を用いたスタンプの方が使われやすい傾向にあるとのこと。

2.ゲストトーク

 [吹き出しに隠れた小さい動物たち]でLINE Creators Stamp AWARD 2016 新人賞を受賞されたビーバーズさんをお招きし、トークセッションをおこないました。
LINE Illustrator Meetup #4 ③
今回初めての試みとして、事前に参加者のみなさんから寄せられた質問にも答えていただいています。
実際の質問とその答えをちょっとだけご紹介。
 
Q:スタンプを作るときの案出しの方法・コツはありますか?
LINE Illustrator Meetup #4 ⑭
A:案出しや思いつきの話ですが、寝てる時以外ずっと頭の片隅に置くようにしています。
スタンプもそうで、食事中や漫画、小説を読んでいる時、映画やテレビを見ている時、外出時など、目の前のものからスタンプのコンセプトや、一つ一つのネタ、構図などをすぐに思いつけるようにしておいて、その都度スマホにメモってます。

逆にスタンプの事をメインにガッツリ考えるのは組み立ての段階で、スタンプのコンセプトがある程度固まった後にパソコンに向かって、これまで溜めたネタの中からネタを抜き出して並べます。

コツ、というコツは無いんですが、気をつけている事はいくつかあって、
まずちゃんとした客観性が必要だな、とは思います。

「わかりやすさ」これが絶対だと考えています。わかってもらえなければ買ってもらえません。イコール使ってもらえません。結果広がりません。結果をある程度重視するのであれば、わかりやすさが優先順位としてはかなり上じゃないかなと思っています。

Q:スタンプを作るのに向いている絵柄などはありますか?

A:個人的な考えなのですが、LINEスタンプを使う気持ちというか雰囲気というのは、授業中にノートの端に落書きを描いて見せ、相手に何かを伝えるようなものではないかなと思っています。本当に雰囲気というかスタイルの話なんですが。

Q:LINE全体でも吹き出しが流行りだしたと思いますが、それによる売り上げの影響などは何かありましたか? 
LINE Illustrator Meetup #4 ⑮

A:もちろんかなりあると思います。色んな人がいて、流行りに乗りたい人、周囲が使っているものを使わないと不安な人もいたりします。そういう意味でもそうですし、やはり購入する方は複数購入するようで、関連のアルゴリズムで吹き出しスタンプが相互につながります。その結果の相乗効果は大きいと思います。

Q:次回リリース予定されているスタンプはありますか?

A:本当にたくさんありますw
もちろん「吹き出しに隠れた小さい動物たち」の2は早めに出したいです。あと去年から作っててまだ完成していないものもいくつかあって、そのうちギャル語を題材にしたものはもうすぐ完成します。
今流行っているきぐるみ系のうごスタにも、実は流行る前からひとつ極端なネタを考えていて、参入する気マンマンです。
既に覆面と全身タイツを購入してありますw

他にも色々と、ここだから聞けるマル秘話も交えながらざっくばらんに話していただけました。

3.懇親会

ゲストトークの後は、ビーバーズさんにも参加いただき、参加者の方との懇親会を行いました。
LINE Illustrator Meetup #4 ⑯
今回の講座やゲストトークのテーマがLINE スタンプだったこともあり、スタンプ制作をされている方も多数参加されていました。
制作したスタンプを見せ合ったり、積極的に情報交換されていました。
弊社イラストレーターも、参加者のみなさんとの時間を楽しませていただきました。
LINE Illustrator Meetup #4 ⑨
 
最後に、ビーバーズさんと集合写真を撮影!
LINE Illustrator Meetup #4 ⑩
 
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

LINE Fukuokaでは、Meetupなど福岡のクリエイティブ業界全体の発展を目指したイベントを継続して行なう予定です。

【 関連採用情報 】
現在、LINE Fukuokaのクリエイティブ分野ではUIデザイナー募集を行っております。
詳細は、こちらをご覧ください。

【関連ページ】
過去開催分のイラストレーター・デザイナー Meetupレポートはこちら。