Vol.10となる今回の社員インタビューは、LINE GAMEの「マーケティング・プロモーション」業務を企画から実施、効果測定・改善まで幅広く担当するI. Yをご紹介します。

福岡にいながら世界に向けたLINE GAMEのマーケティング・ディレクションなどに携わることができる「マーケティング・プロモーション」。その業務の面白さについてインタビューを通じて話してもらっています。
LINE Fukuoka マーケティングプロモーション①


これまでのキャリアと入社のきっかけを教えてください。

地元福岡の大学を卒業後、主に東京の広告業界に身を置いて、ベンチャーの広告代理店(営業職)、自社メディアを扱うベンチャーのメディア媒体(メディア編集・営業担当)、大手の広告代理店(WEB広告のプロデューサーやプランナー・広告戦略)と、企業規模はベンチャーと大手、広告業では代理店とメディア側を幅広く経験しました。

30代に近づくにつれて、ずっとやりたかったゲーム・エンタメ業界の仕事をしたいという気持ちが次第に強くなってきて、前職でゲーム業界に飛び込みました。
そこでは、事業側で担当ゲームのWEBプロモーションやマスプロモーションの企画や調整業務を行ってきました。

その後、地元・福岡に戻るにあたっても、変わらずゲーム・エンタメ業界でマーケティングプロモーション業務に従事したいと思い、2016年9月にLINE Fukuokaに入社しました。福岡はIT・ゲーム業界の勢いがあって、地方都市の中でも成長が著しい都市なので、すごく恵まれた環境だと感じたことも入社を決めた理由の1つです。あとは地元なので産業の発展に貢献したいからですかね。
LINE Fukuoka マーケティングプロモーション② 

現在の業務内容を教えてください。

現在は、「Game Marketing」という新設部署を統括しています。
この部署は、東京オフィス(LINE株式会社)のゲームマーケティング事業部からの業務一部移管と、メンバー育成による業務効率向上を目的に新設しました。

具体的な業務内容は、LINE GAMEが展開する各タイトル(ゲーム)における、プロモーション施策の企画立案から実施、効果測定の検証・改善に向けたチューニングなどです。
去年はWEBプロモーション中心のタイトルを担当していましたが、今年に入ってからは担当タイトルが変わり、マスプロモーションにも力を入れていく予定です。
世界展開しているサービスに福岡で携われるってダイナミックだと感じていて、福岡にいながらも世界や全国的に告知できるプロモーションが可能だと思います。
LINE Fukuoka マーケティングプロモーション③

LINE Fukuokaではどんなキャリアが築けますか?

ゲーム業界内では、東京など首都圏で事業の根幹となるゲーム企画・ディレクション、マーケティングを行い、遠隔でも運用できる開発やオペレーション業務などは地方都市に構えた拠点で対応することが多くあります。ただLINE Fukuokaでは福岡に居ながら、マーケティングやディレクションといった仕事ができる体制が整っており、これからもっと盤石にしていく予定です。これは数少ない魅力的な環境だと思います。福岡から主導していける体制をつくっていければいいなと思っていますね。

ベンチャー企業のメリットであるスピード感と裁量の大きさ、大手企業のメリットであるネットワーク。双方を活用して皆と協力して仕事ができるという、良いところ取りな社風のおかげで、どんどんアイデアが提案できたり、企画立案が進むのでとてもフラットでいい雰囲気だと感じています。
LINE Fukuoka マーケティングプロモーション④

現在、一緒に働く仲間を募集していますが、どんな方と働きたいですか。

一言でいうのであれば 『頭はCOOLに、心はHOTに』ですかね!

日々の業務に対してはロジカルだけど、子どもの頃の“あそび心”を忘れていない熱意のある方がいてくれたら楽しいだろうなと思いますね。
独自の発想や、枠に縛られない発想ができると、より面白みも増すかと思います。
あとは、エンタメやゲームが好きということは絶対条件ですね。好きを仕事にできることほど楽しいことはないです!

また私自身、東京からのUターン転職ですが、LINE Fukuokaでは前職のキャリアを活かしながら新しい価値提供ができる機会が多くあるので、少し環境を変えてみたいという方にもオススメかと思います。 
LINE Fukuoka マーケティングプロモーション⑤
 

最後に今後の目標を!

ゲームだけではなく、あらゆる業界のキャリアをもったマーケターと切磋琢磨できるようなチームがつくれたら最高だな!と思います。
価値のあるものを提供していく、知ってもらうということは土地に縛られることなくチャレンジできることだと思います。せっかく福岡でこの仕事をしているので、福岡の地元に貢献したいし、福岡で首都圏並みのキャリアが築けることはとても嬉しいと感じています。

プライベートでは、趣味の音楽の時間をつくりたいですね。
ギターをしているので、バンドを組んだり、作曲を再開したいと思っています!

場所に依存せず、柔軟な発想とアイデアでLINE GAMEをアピールする「マーケティング・プロモーション」の業務をご紹介しました。

現在、LINE Fukuokaで「マーケティング・プロモーション」職を募集しています。
今までの経験を活かして、新しい価値提供にチャレンジしたいという方は、ぜひ募集概要をご覧ください。

▼「マーケティング・プロモーション」の募集要項

▼その他、募集職種はこちら

▼「社員インタビュー」カテゴリの他記事
Vol.9 人と企業をつなぐ “LINE@” を福岡から日本中に広める「プランナー」
Vol.8  技術好きだからこそ常に自ら新しい知識吸収に務める「エンジニア」
Vol.7  テスト自動化の普及へも力を入れてます!LINEサービス品質管理人「QA」 
Vol.6  企画者やデザイナー、サーバーサイドエンジニアのハブになる「フロントエンドエンジニア」
Vol.5  世界中のコミュニケーションに使われるLINEスタンプを作る「イラストレーター」 
Vol.4  GAMEアプリのファンを増やす「ゲームマスター」
Vol.3  LINE GAMEをスペイン語圏へ届ける「Translator」
Vol.2  問題解決のお手伝い「コミュニケータ」
Vol.1  LINEサービス品質保証人「QA」