本日は、2016年5月末に移転したLINE Fukuoka新オフィスについてご紹介します!
 
この新しいオフィスは、気分の切り替えがしやすく業務に集中できる環境を整えるために、意識的に業務エリア(ONの空間)とリフレッシュエリア(OFFの空間)を分離していることが特徴です。
各エリアの様子を社内の雰囲気と併せてご覧ください。 

ご来訪の皆さんは必ず通るレセプション
 
図27
IMG_0925
≪ 新オフィス概要 ≫
所在地:〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8番1号 JRJP博多ビル 12階
専有フロア:10階~12階
延床面積:2,229坪(7,371㎡)
アクセス:JR九州・JR西日本・福岡市地下鉄「博多駅」と直結
新オフィスが入居する「JRJP博多ビル」
外観写真


ONの空間

■業務エリア/「STAFF ONLY」ドアの内側
まずは、普段はスタッフしか出入りできない「STAFF ONLY」と書かれたドアの向こう側、業務エリア内のご紹介です。

すぐ下の写真に写っているのは、LINEおよび関連サービスの運営・企画を担当する部署の様子。基本的にモニターは2台使いのスタッフが多く、それに耐えられるよう幅の広いデスクが用意されています。 

たくさんのスタッフが写っていますが、現在700名以上のスタッフが働くLINE Fukuokaのなかでは、まだまだほんの一部です。
図28
 
次に写っているのは、開発を担当するエンジニアたちの業務エリアです。
彼らのデスクは上下動するので、みな思い思いの高さで業務に取りくんでいます。
画像
LINE Fukuokaは開発 ・クリエイティブ・運営・企画と幅広い役割を担っているため、社内でも部署が変わると雰囲気もまたガラッと変わります。これもLINE Fukuokaらしい一面かもしれませんね。

■会議室・セミナールーム/物理的距離も埋める必需設備
会議室は、業務エリアの内外合わせて約40室用意されています。収容人数5,6名から10名超まで、サイズも様々です。
図7

特に、TV会議に対応している会議室は約10室。東京を始め国内外の他拠点と連携して業務を進めることが多い私たちにとっては、なくてはならない設備です。
bb8dc2be


さらに、Telepresence*も完備。等身大の人物の映像とリアルタイムにコミュニケーションを図ることができるこの設備で、物理的な距離による障害を最小限に抑えられるよう環境をととのえています。
_0462
 
50名規模で収容できるセミナールームも用意。
メンバーが多い部署全体でのMTG、外部の方をお招きしてのMeetupやエンジニア個人での勉強会での活用可能なスペースです。大型プロジェクタ、音響設備を完備しています。
図11

OFFの空間

■カフェスペース/多目的に対応
主にスタッフがリフレッシュ空間として活用しているスペースです。社員価格のドリンクやLINEキャラクターグッズ等の購入も可能です。クッションを配置したスポットも広く設け、リラックスして過ごせる空間をつくっています。こちらでランチをとる社員が多く、お昼休みは特に大変賑やかです。
図1
resize__0106 (2)

また、最大200名規模での収容が可能なこのカフェを活用し、採用イベントや社外の方をお招きしたMeetup(エンジニア・イラストレーター・デザイナー等の勉強会)は、すでに複数実施しています。
これからも、九州・福岡エリアのユーザーの皆さんにご参加いただけるイベントを各種実施してまいります。
≪これから開催≫
 - 9月16日(金) LINE Developer Meetup #16

≪過去開催(一例)≫

■コミュニケーションスペース/「集中」と「コミュニケーション」の切り替えに
業務エリアのなかにも、デスクを離れるとすぐ脇にこのようなコミュニケーションスペースが広がります。
「集中」と「コミュニケーション」の切り替えに着目して用意したスペースで、ちょっとした休憩や会話を楽しんだり、ときには会議室を使うほどではない簡単なミーティングをおこなったりも。スタッフ同士がデスクを離れ、気軽にコミュニケーションを図ることができます。10~12階の各階に用意されています。  
resize__0269図26
resize__0198 

■社員専用マッサージルーム
スタッフが快適に業務に取り組めるよう、福利厚生面も充実させています。
例えば、こちらのマッサージは特にスタッフに大人気です。 
国家資格を持ったマッサージ師さんが2名常駐しており、体が凝ったときなど社内システムを使って気軽に予約、そして社員特別価格で施術を受けられます。その技術に疲れも吹き飛ぶ心地よさです。

他にも、急に体調が悪くなった時のために救護室も設置しています。
画像2

 
 
このように、業務(ON)とリフレッシュ(OFF)の切り替えやすさを徹底的に意識してデザインされた新しいオフィスでは、スタッフ同士や部署間または来訪の方と、これまでは難しかった多種多様なコミュニケーションがすでに生まれています。

この環境を活かし、LINE Fukuokaは引き続き優秀な人材の確保に力を入れながら、国内第二の拠点としてLINE株式会社と連携しながらこれまで以上に速いスピードで業務展開をこれからも行ってまいります。



今後の採用情報やオフィス内カフェでのイベントなどのお知らせは、下記のLINE Fukuoka公式アカウント(Facebook、ブログ、LINE、Twitter)からお届けいたします。